ピンクリボン運動とは

楽天で探す
楽天市場

ピンクリボン運動はウィキペディア(Wikipedia)によると女性のがんでも怖いがんの一つである乳がんの撲滅を目的としています。また、乳がん検診の受診率を上げるため、乳がん検診の早めの受診を促し、推進するために開催される世界規模のキャンペーンです。

ピンクリボン運動の歴史

ピンクリボン運動が日本で始まったのは2000年代からです。きっかけは日本で最も大きな乳がん患者を支援している団体の「あけぼの会」があるものをピンク色にライトアップしたことです。何をピンク色に染めたかというと東京タワーです。これが2000年10月の事でした。それ以来、わが国では年々、ピンクリボン運動やピンクリボンキャンペーンの規模が大きくなってきています。

ピンクリボン運動で乳がん撲滅

ピンクリボン運動は乳がんの早期発見や乳がん検診の受診率の向上などを目的としています。乳がんは怖い病気ですが、早期発見で回復も見込めます。乳がんの早期発見の大切さはタレントの山田邦子さんなどがよくテレビや雑誌などでお話されていますよね。

ピンクリボン運動ライトアップ

ピンクリボン運動のイベントとしてピンク色のライトアップがあります。東京タワーをはじめ東京都庁舎レインボーブリッジ、表参道ヒルズなどが毎年10月1日にライトアップされます。また、関西でも神戸ポートタワーと明石海峡大橋がピンク色にライトアップされます。このライトアップによってピンクリボン運動が日本でも徐々にですが浸透してきたのではないでしょうか。

ピンクリボン運動のグッズ

ピンクリボン運動のグッズとしてまずあげられるのがピンクのリボンです。ピンクリボンのピンバッジやエコバッグなどがあるみたいですね。ヤフーなどではヤフーショッピングでピンクリボンキャンペーンの対象商品を購入すると乳がんの関連団体に寄付金が支払われるキャンペーンなどを開催していますね。

日本乳がんピンクリボン運動

日本でピンクリボン運動を行っている団体は多数あります。その中でも有名なところに日本乳がんという組織があります。NPO法人 J.POSHという団体です。こちらの組織では啓発グッズなども販売しており売上金は「J.POSHピンクリボン基金」として有効利用されるとのことです。ピンクリボン運動の啓発グッズは現在23種類あるそうです。主なグッズにはピンバッジ、ハンドタオル、ステッカー、携帯ストラップなどがあります。

ピンクリボン運動と乳がん検診

ピンクリボン運動のコンセプトには乳がんの早期発見があります。乳がんの早期発見には乳がん検診の受診が効果的です。毎年10月にピンクリボン運動は開催されます。この時期には全国で一斉にマンモグラフィー検診などの紹介や乳がんに関しての勉強会なども開催されるところもあります。まら、乳がんに関しての啓蒙活動も広がりを見せています。是非、この機会に乳がん検診を受診してみてはいかがでしょうか。

ピンクリボン運動と乳がん症状

乳がんではないかと思う瞬間に胸のしこりや痛みがあります。毎日、自分の胸を触ってしこりや痛みがないか確認してみるのも乳がんの早期発見の対策の一つです。万一、胸にしこりを発見した場合は素早く病院で乳がんの検診をしてみることをお薦めいたします。