白血球とは

白血球は我々のからだの中にあり、外部からからだの中に進入した異物であったり細菌などを白血球の中に取り込むことにより消化し分解させてくれるものです。白血球の正常値はひとそれぞれではありますがだいたい血液1リットル中に3500個から9000個くらいあるのが普通です。ただし、1日のうちでも白血球数は変化しています。

白血球の正常値

白血球の正常値は成人の場合、白血球の正常値は血液1リットル中に3500個から9000個だといわれています。白血球の細胞には細かくみると5種類の細胞で構成されています。その5つの細胞とは1.好中球、2.好酸球、3.好塩基球、4.単球、5.リンパ球というものです。これらの5つの細胞の増加や減少を調べることによって病気の危険性があるかどうかを調べるのがいわゆる血液検査といわれるものですね。

白血球が少ない

白血球が少なくなる、いわゆる白血球減少という場合、原因として考えられるのはかぜなどのウイルスなどによる感染症などが考えられます。また、抗菌剤や鎮痛剤などの薬剤を使用した場合も一時的に白血球の減少が見られるようです。白血球が減少すると抵抗力が弱まってしまうといわれています。また、免疫力も低下するといわれています。

白血球が少ないと病気の危険性がある

白血球が少ないと健康診断でも異常を指摘されることが多くなります。こうなると病院での精密検査を受ける必要も出てくるでしょう。白血球が基準値より少ないと起こりうる病気として、膠原病やHIV(エイズ)や白血球減少症などの病気も考えられます。また、その他の病気も考えられますのでしっかりと病院で検査を受けることをお薦め致します。

白血球が多い

白血球が基準値より増加している場合も健康診断などで異常の指摘を受けることになるでしょう。白血球の増加の原因は赤血球の異常であったりたばこを吸う行為、いわゆる喫煙や感染症などがあります。また、ステロイド剤などを服用している人も白血球が多くなる傾向になります。

白血球増加すると病気の可能性がある

白血球が基準値より多くなっている場合もいろいろな病気にかかる危険性があります。虫垂炎や扁桃腺の炎症などをはじめさまざまな病気にかかる危険性があります。また、白血球の数値が20000を超えるような時は白血病などの深刻な病気も想定されます。

血液検査と白血球

白血球の多い少ないや増加、減少などは多くの場合、健康診断の血液検査などで指摘されることが多いみたいです。白血球の異常を指摘されると病院での精密検査が必要になります。病院にいくのが面倒だとか怖いなどといわずにしっかりと精密検査をうけておきましょう。

白血球と尿検査

白血球は尿検査でも調べられますよね。いわゆる尿沈渣といわれる検査です。尿検査では基準値が一視野において白血球の場合0個から4個が基準になっています。尿検査で白血球が多いと指摘された場合、膀胱炎や尿道炎などの病気の危険性がありますので注意が必要です。