ゴルファー保険とは

スポンサードリンク

ゴルファー保険はゴルフの際に他人にケガをさせてしまったり、物を壊してしまったりした場合の損害を賠償する保険です。さらにゴルフプレー中に自分がケガをしてしまった場合の傷害保険もあります。また、ゴルフ用品が破損したり、盗難にあった場合にはゴルフの用品費用も支払われます。また、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合の祝賀会などの費用が支払われます。これらの補償がセットになったものがゴルファー保険あるいはゴルフ保険といわれています。

ゴルファー保険の保険料

ゴルファー保険の保険料は保険会社によって違います。1年間の単年契約から2〜3年の長期での契約が出来ます。長期で契約したほうが保険料は安くなります。ゴルファー保険に毎年、加入しているのなら3年くらいの長期で加入したほうが保険料がお得です。お値段は1年でだいたい1万円前後と考えておきましょう。補償の内容によって保険料は違ってきます。

スポンサードリンク

ゴルファー保険の比較

ゴルファー保険を比較する場合、2つのポイントから比較してみましょう。1つ目のポイントは保険料。安いものから高い保険料のものまであります。何がどう違うのか確認してみましょう。2つ目のポイントは補償内容です。ゴルファー保険は万一の際への補償を買うものです。しっかりと補償内容を比較してみることをお薦め致します。特に、ホールインワン・アルバトロス費用の支払い条件などはじっくり検討してみたほうがいいのではないでしょうか。

三井住友海上のゴルファー保険

三井住友海上のゴルファー保険は人気のゴルファー保険の一つです。その理由はインターネットで加入できるからではないでしょうか?ネットで加入すれば支払いはクレジットカードでOKですので現金を準備する必要はありません。補償内容も充実していますので安心です。

損保ジャパンのゴルファー保険

損保ジャパンのゴルファー保険も人気の保険の一つです。損保ジャパンのゴルファー保険の特徴はホールインワンやアルバトロスを達成した場合にゴルファーによる緑化事業促進団体に寄付金を保険金から支払うことができる点です。また、ファミリーで加入することが出来、本人以外の家族には保険料が割引になる嬉しい保険料体系になっています。

ゴルファー保険のホールインワン費用

ゴルファー保険のホールインワン・アルバトロス費用はそろぞれを達成した場合に祝賀会費用や記念品の購入などの費用として支払われます。この保険金が支払われるには条件があります。基本的にはキャディ同伴でのプレーで達成しないとダメです。しかし、最近のゴルファー保険ではキャディが居ないセルフプレーでもOKになりました。ただし、ゴルフ場の誰かがみていたという目撃証明が必要になります。

ゴルファー保険の損害保険料控除

ゴルファー保険で支払った保険料は損害保険料控除の対象になるのでしょうか?現在の制度では保険料控除の対象にはなりません。平成18年度までは傷害保険の部分とゴルフの用品損害については対象だったのですが、平成19年度からは損害保険料控除の対象ではなくなりました。

ゴルファー保険に加入する

ゴルファー保険に加入する際、もっとも手っ取り早いのは自分が加入している自動車保険などの代理店に連絡することです。損害保険の代理店でしたら取扱っているはずですから。東京海上日動やあいおい損保、日本興亜損保などのゴルファー保険も人気です。